「コブラモジュール」5台、カリフォルニアから台湾へ



PFS 観測装置の内、すばる望遠鏡の主焦点面上の銀河や恒星へファイバーを配置するモジュールは「コブラモジュール」と呼ばれています。57本のファイバーとアクチュエータで構成されるモジュールを42台、図1のように配置し視野を隙間なくカバーしています。


Figure 1: Arrangement of Cobra Modules. 42 modules are paved to cover the hexagonal field of view. Module in thick blue was already shipped to Taiwan, and ones in thin blue were shipped this time.
図1:コブラモジュール配置の模式図。42台のモジュールを並べて六角形の視野をカバーします。濃い青色は輸送済のモジュール、薄い青色が今回台湾へ輸送されたモジュールです。

「コブラモジュール」はファイバーを担当しているブラジルのチームと、ファイバーを動かすアクチュエータを担当している米国カリフォルニア工科大学のチームが協力して製作を進めています。

1台目のコブラモジュールを台湾へ輸送して以来、組み上げ方法を改良しながらモジュールの製作を続けてきています。そして2019年1月末に5台(図1の薄い青色のもの)のモジュールが台湾へ輸送されました。

(Left) Packed 5 Cobra Modules. (Right)  Caltech members are packing the modules.
(左) 梱包された5台のコブラモジュール (右) 輸送準備をしているカリフォルニア工科大学のグループ

台湾では、中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)とそのパートナーが最初のコブラモジュールを使った試験の他、主焦点装置の組み上げを進めています。今後スペアのモジュールを用いて光学ベンチへの取り付け試験を行い、安全な取り付け方法を確立します。その後、実際に用いるコブラモジュールの取り付けを始めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です