カメラユニットの試験が進行中


分光器の開発を担当しているジョンズ・ホプキンス大学(アメリカ合衆国)では、カメラユニットの冷却試験が行われています。 可視・近赤外線で天文用に使用される検出器は暗い星や銀河を観測するためにマイナス100度以下の超低温、大気圧の10億分の1以下の高真空のもとで使用されます。このような超低温、高真空を安定して保てるか等の試験が行われています。

試験が完了したカメラユニットからマルセイユ天文物理研究所(フランス)に届けられ、分光器に組み上げられていきます。
IMG_4285 (試験中のカメラユニット)

関連記事: https://pfs.ipmu.jp/blog/2015/08/p17


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です