Cooling Experiment of Camera Modules is Going on / カメラユニットの試験が進行中


The cooling experiment of camera modules for spectrograph is going on at Johns Hopkins University, the US. In order to observe faint stars and galaxies, astronomical detectors in visible and near infrared are used under very low temperature (-100 degree Celsius / -148 degree Fahrenheit or less than it) and high vacuum (less than one billion of atmospheric pressure). By this experiment we verify such a special environment is achieved stably.

After the experiment, the camera units are shipped to Marseille Observatory in France, where the spectrograph are building up.

IMG_4285 (Camera module under experiment)

related post: https://pfs.ipmu.jp/blog/2015/08/p17


分光器の開発を担当しているジョンズ・ホプキンス大学(アメリカ合衆国)では、カメラユニットの冷却試験が行われています。 可視・近赤外線で天文用に使用される検出器は暗い星や銀河を観測するためにマイナス100度以下の超低温、大気圧の10億分の1以下の高真空のもとで使用されます。このような超低温、高真空を安定して保てるか等の試験が行われています。

試験が完了したカメラユニットからマルセイユ天文物理研究所(フランス)に届けられ、分光器に組み上げられていきます。
IMG_4285 (試験中のカメラユニット)

関連記事: https://pfs.ipmu.jp/blog/2015/08/p17

 


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *