9th PFS Collaboration Meeting / 第9回PFSコラボレーション会議


From 27 November to 1 December 2017 was held the 9th PFS collaboration meeting at Kavli IPMU, the University of Tokyo, in Kashiwa city, Japan. More and more participants have joined to the meeting, and this year about 130 collaborators gathered to the meeting.

On 28 and 29 November, we had the joint sessions and shared the project updates. The technical teams reported their progress of subsystems development and future plans. Detailed development statuses were also presented in the posters. On the other hand, the science teams reported their progress of writing the proposal for large survey program after they obtained the feedback from discussion in the August meeting.

  
[Snapshots of the joint sessions]

In the rest of the meeting week, we divided into individual small groups for instrument subsystems and science subjects, in order to have a intensive discussions. The collaboration meeting is an opportunity for collaborators over the world to gather up. Taking this opportunity, for instance, we effectively discussed items covering more than one subsystems, which is difficult to cover with usual teleconf. because we have them per subsystem separately.


秋も深まる2017年11月27日から12月1日にかけて、千葉県柏市にある東京大学カブリIPMUでPFSコラボレーション会議が行われました。年々参加者が増えているのですが、9回目を迎える今年はPFSコラボレーションに参加している日本各研究機関と海外20以上の研究機関から約135名の参加がありました。

28日と29日には全体セッションがありプロジェクトの状況を報告し合いました。技術チームからは各装置の開発状況や今後の計画が報告された他、装置の詳細な開発状況についてはポスターによる報告もありました。一方で、サイエンスチームからは8月の研究会で行った議論を受けての、大規模サーベイ観測の提案書作成の進捗が報告されました。

  
[全体セッションの様子]

会議中の残りの期間には、開発中の装置やサイエンスに応じた各グループに別れての分科会が行われました。コラボレーション会議は普段世界中に散らばっているメンバーが一度に集まる貴重な機会です。例えば、普段は装置毎に別々に電話会議を行っているため中々議論できない、装置を跨いだ話題について分科会で議論することができました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *