10th PFS Collaboration Meeting / 第10回PFSコラボレーション会議


From 10th to 14th December 2018, we held 10th PFS collaboration meeting at Shanghai Jiao Tong University, China.

Usually, individual groups for developing instruments and designing observational survey have discussions via regular video/phone meetings and  sometimes by visiting each other. This meeting, on the other hand, is the biggest for the whole collaboration to gather up for discussions. About 80 members over the world took part in this meeting.

In the meeting week, we had a variety of breakout sessions where individual groups discussed their progress, issues and future plans, and 2-day joint session where the whole collaboration shared the discussion items. In joint session, the Principal Investigator Hitoshi Murayama (Kavli IPMU/UC Berkeley) reported the latest situation of the Project, followed by various reports of the individual groups. The instrument teams reported the development status, while science teams reported the progress of the survey designs.
In 2018, Metrology Camera System were shipped to Subaru Telescope, and the other instruments went into the production and integration phase. Seeing these progress, we also had discussions from the viewpoints of actual operations and observations.

 
Snapshots of the joint sessions


去る2018年12月10日から14日の5日間、中国の上海交通大学で第10回PFSコラボレーション会議が開かれました。

それぞれの装置開発グループやサイエンス検討グループは、普段は電話・テレビ会議やお互いを訪問して議論を行っていますが、今回の会議はコラボレーション全体が一堂に集まる、プロジェクトの中で一番大きな会議です。

約80名が参加した今年の会議も、各グループに分かれて議論をする個別セッションと、全員で議論を共有する全体セッションがありました。全体セッションでは、プロジェクト代表者の村山斉(東京大学カブリIPMU/カリフォルニア大学バークレー校)からプロジェクト全体の最新状況の説明があり、続いて観測装置の開発状況や大規模サーベイ観測計画の立案状況などの発表がありました。
2018年はメトロロジカメラが国立天文台ハワイ観測所に輸送され、他の装置も製造・組上げが進んでいます。このような状況を踏まえ、どのように装置を運用していくのか、どのように観測データを解析・蓄積するのかなど、実際に装置を使う観点からの議論も行いました。

 
全体セッションの様子


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *