最初のファイバー配置モジュールの組立て完了


米国カリフォルニア工科大学ではNASAジェット推進研究所とブラジル国立天文台と協力してファイバー配置モジュールの組み立てを進めています。

ファイバー配置モジュールは実際に使用する42セットとスペアを製作することになっています。モジュールに組み込まれている57本のアクチュエータ『コブラ』を駆動させる試験を行い、必要な設計の修正をしながら最初のモジュールの組み立てを進めてきました。コブラだけの試験を通過し、今月ファイバーとアクチュエータの組み付けを終え、機能試験やキャリブレーション試験が行われました。

  
ファイバー組付け前後のファイバー配置モジュール(左:組付け前、右:組付け後)

ファイバーが取付けられた状態でアクチュエータを動かした様子。アクチュエータの2段ステージをそれぞれ動かしています。

嬉しいことに、57本のファイバーをアクチュエータを使って動かすことに成功しました!

ファイバー配置モジュール試験の様子。ファイバーを後ろから照らし、57本のアクチュエータを同時に動かしています。

最初のモジュール製作で得た組み上げ工程のノウハウを活かしつつ、今後残りのモジュールの製作が進められます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です