First “Cobra” Module is under the Test in Taiwan / 最初のファイバー配置システム、台湾で試験中


To talk about this story, one should go back in time a little … Some time ago, the Metrology Camera System was shipped over the Pacific Ocean(from Taiwan to Hawaii).  In fact, around the same time, the first fiber positioner module was also shipped over the Pacific Ocean, from California to Taiwan.

The PFS instrument catches the light from galaxies and stars using fibers on the prime focal plane of the Subaru Telescope. 57 fibers and their positioners called “Cobra” are assembled to one module called “Cobra Module” by the team from Caltech, NASA Jet Propulsion Laboratory (JPL) and the Brazilian team in collaboration.

In December 2017, we had a joint work envisioning the shipping of the first “Cobra Module”. After that meeting, the team of Caltech and JPL tested the module to know the characteristics such as focus position and aiming angle, and to confirm the performance of the Cobra moves. Then in March this year, the first “Cobra Module” was shipped to Taiwan finally.


Left: The first “Cobra Module” being packed by Mitsuko Robers (Caltech) and Leandro H. dos Santos (Brazilian team).
Right: “Cobra Module” just departing from the Caltech lab.

This first module will be a spare actually, but it is identical to the operation modules. Using this spare module, the team from Academia Sinica Institute of Astronomy and Astrophysics (ASIAA) and their partner ASRD of CSIST (Aeronautical Systems Research Division of Chung-Shan Institute of Science and Technology) are developing fiber positioning software. In parallel, they are preparing for the integration of the entire Prime Focus Instrument; for example, they have measured the deflection of the bench accommodating the “Cobra Modules” when the instrument is tilted.


“Cobra Module” under the test in Taiwan.


Deflection test of the optical bench.

In California, the team are continuing the assembly and test of the second and third “Cobra Modules”.


少し時間は遡りますが、メトロロジカメラが太平洋を渡った少し前に、一番目のファイバー配置モジュールも太平洋を渡りカリフォルニアから台湾へ輸送されました。

PFSの観測装置は、すばる望遠鏡の主焦点面にファイバーを並べて星や銀河の光を捉えます。ファイバーそのものとファイバーを観測したい場所へ配置するアクチュエータ『コブラ』を組み立てた、ファイバー配置システム(通称『コブラモジュール』)は、カリフォルニア工科大学(CIT)、NASAジェット推進研究所(JPL)、ブラジルチームの協力して開発しています。

2017年12月に輸送に向けたミーティングを行いましたが、その後、モジュールを構成する57本のファイバーの焦点位置や指向角度、駆動について試験を行い、3月末についに台湾へ輸送されました。


左:『コブラモジュール』の輸送準備をしているカリフォルニア工科大学のMitsuko Robers 氏とのブラジルチームの Leandro H. dos Santos 氏
右:出荷される『コブラモジュール』

このモジュールは最終的にはスペアとして使われますが、現在台湾の中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)と協力機関である中山科学研究院航空システム研究部門(ASRD)のメンバーがこのモジュールを用いてファイバー配置の試験・開発を行っています。また、『コブラモジュール』を配置する光学ベンチが傾けた時にどのように変形するかなど、主焦点装置全体の組み上げ試験も進められています。


台湾で試験中の『コブラモジュール』


重りをつけて光学ベンチの変形量を測定している様子

カリフォルニアでは、二つ目・三つ目の『コブラ』モジュールの組み上げ・試験が進んでいます。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *