Fiber Cable: Slit Assembly of Spectrograph arrived in Marseille / ファイバーケーブル:分光器のスリット部がフランスに到着


For the PFS instrument, the lights from about 2400 astronomical objects are designed to be delivered through long fiber cable from the prime focus of the telescope to the spectrograph modules on the fourth floor in the dome building. This fiber cable subsystem, which is about 65m long in total, consists of 3 parts: (1) short cables accommodated into the Prime Focus Instrument at the prime focus and positioned to astronomical objects, (2) short cables as slit input in the Spectrograph Modules, and (3) long cables from PFI to Spectrographs.
The fiber cable subsystem is being developed mainly by Laboratório Nacional de Astrofísica (LNA) in Brazil. To keep the image quality as well as possible, we have been carried out various studies: optimizing procedure of polishing fiber edges and cable connection, prototyping the long cables, and so on.


(Fiber edges are polished by a Brazilian developer, Ligia S. de Oliveira.)

In this August, one of the fiber cable assembly as the slit of Spectrograph was delivered from Brazil to Laboratoire d’Astrophysique de Marseille (LAM) in France. The slit assembly has hundreds of fibers in line (see the below photo): about 600 fibers connected to the long cables from Prime Focus Instrument and 16 fibers connected to external light source for engineering.


(Fiber slit assembly delivered at LAM. Some of the fibers are being tested illuminated.)

As shown in the below photo, fibers are routed from connector part to from slit part, along the top and the bottom of the Spectrograph, not to cut in the light path in the Spectrograph. After the aiming angle of fibers and image quality were tested, the slit assembly was shipped to LAM.


(Photo of the fiber slit assembly of the Spectrograph Module. Fibers are routed along the top and bottom of the Spectrograph. Dr. Antonio C. de Oliveira is testing the slit prior to  shipping.)

Delivered fiber slit cable at LAM will be tested using the engineering cables with light sources, and then integrated into Spectrograph Module.


PFSの観測装置はすばる望遠鏡の主焦点面で受けた約2400個の天体の光を、長いファイバーを使ってドーム棟4階にある4つの分光器まで運びます。ファイバーケーブルは、(1)主焦点装置に組み込まれて天体に向けて配置される短いケーブル、(2)分光器に組み込まれてスリット入射部になる短いケーブル、そして(3)主焦点装置と分光器をつなぐ長いケーブル、の3つの部分から構成され、合計65mほどになります。
ファイバーケーブルはブラジル国立天文台(LNA)を中心に開発されていますが、これまでに、天体の像質をなるべくよく保つような研磨方法や3つのケーブル部分の接続方法の検討、長いケーブル部分の試作などが行われてきています。


(ファイバーの端面を研磨しているブラジル開発チームのLigia S. de Oliveira氏。)

今年8月に、ひとつの分光器に組み込まれるスリット入射部分がブラジルからフランスのマルセイユ天文台 へ輸送されました。スリットには焦点面から来た長いケーブルとつながっている約600本のファイバーと、試験やメンテナンス用の外部光源につながる16本のファイバーが一列に並んでいます。


(マルセイユ天文台に到着したファイバースリット。一部のファイバーに光を入れ、試験をしているところ。)

下の写真のように、分光器内の光路を遮らない様に、コネクタ部分からスリット部分までファイバーは分光器の上部と下部を通るように配線されています。スリットにはめ込んだ600本のファイバーの向き、像質の検査をしてから、マルセイユ天文台に輸送されました。


(分光器スリット部の写真。ファイバーは、分光器の上部と下部を通るように配線されます。Antonio C. de Oliveira 博士が輸送前の最終試験をしています。

マルセイユ天文台に到着したファイバーケーブルは、試験用の光源付きケーブルに接続され試験された後、分光器に組み込まれまれる予定です。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *