Loading the player ...

はじめに

「宇宙はどのようにしてできたのだろう?」 「宇宙に終わりはあるのだろうか?」 「なぜ我々は宇宙に存在しているのだろう?」···

遥か昔から、人類は夜空を見上げながらこうした根本的な疑問を抱き続けて いますが、最近の宇宙研究で驚くべき事がわかってきました。原子など通常の 物質は我々の宇宙のほんの4%ほどを占めるにすぎず、残りは重力以外ほとん ど他の物質と反応しない、「ダークマター」 と、さらに不思議な謎のエネルギー、「ダークエネルギー」で満たされてい るというのです。一体、これらの正体は何なのでしょうか。どのように我々の まわりに存在しているのでしょうか。銀河や星、そして我々人類の誕生や進化 とどう関係しているのでしょうか。

すばる PFS プロジェクトは、 最先端の科学の力を使って、このような疑問の答えを見いだそうとする宇宙観 測計画です。ハワイ島マウナケア山頂の国立天文台すばる望遠鏡に新しく 最大2400もの天体を一度に観測 できる装置を取り付け、観測を行います。PFS が一度に見渡せる視野は空の上 で満月よりも数倍大きく、同時 観測する最大 2400 もの天体はこの中から選び出します。PFS は「分光器」と いう種類の観測装置で、プリズムを通して見るように天体からの光を波長ごと に分散させて「スペクトル」として記録します。一回の露出で記録できる波長 範囲はとても広く、近紫外域から可視光域を越え て近赤外域まで及びます。