Galaxies銀河形成の歴史 -- なぜ我々は存在するのか?

望遠鏡はタイムマシンである: 様々な距離にある銀河を観測することで、我々は宇宙中で銀河が形成された歴史をさかのぼることができます。天体が遠くにあるほど、地球に光が届くまで時間がかかるため、遠くの天体からの光が発生した瞬間の銀河や宇宙ことを我々に伝えてくれるのです。この仕組みを活用して、すばるPFSでは宇宙の誕生の頃から現在までの銀河の進化の様子を調査し、「我々は、なぜこの宇宙に存在しているのか?」という疑問の答えを見つけ出します。

しかしながら、遠くにあるものほど、地球上で観測できる銀河の姿は小さく、暗く、また光の波長が長くなってしまいます。すばる望遠鏡の巨大な反射鏡を生かした集光力と、PFSの広い観測波長範囲を用いて、すばるPFSでは非常に遠方の銀河まで観測を行います。

すばるPFSでは、約100億光年先までのおよそ50万個の銀河と100?130億光年までの約3万個の非常に明るい銀河、さらに130億光年までのクェーサーを観測します。この観測は星や銀河形成の初期に至る、初めての宇宙の国勢調査と言えます。現在行われたり計画されている他の観測を考えても、すばるPFSのこの観測は今後10年のうちでは他に類を見ない大規模な調査となるでしょう。

右図:ハッブル望遠鏡による様々な距離の銀河の姿。下の銀河ほどより古い(遠方の)銀河と考えられる。