Metrology Camera left Taiwan to Hawaii / メトロロジカメラがハワイに向けて台湾を出発しました


One of the PFS instrument “Metrology Camera” was finally shipped from Taiwan to Hawaii!!

Metrology Camera  is an instrument used to measure the fibers position while we configure fibers to target objects. Academia Sinica Institute of Astronomy and Astrophysics (ASIAA) in Taiwan has the responsibility for Metrology Camera development, and they tested its performances before shipping in the last a couple of months (see the previous post for details).


ASIAA team developing Metrology Camera

ASIAA finished the tests last month, and had a pre-ship review meeting with the Project Office and Subaru Telescope on 3rd April 2018. The review was successful, so Metrology Camera was packed and shipped to Hawaii on 13th April. It will be delivered to Subaru base facility in Hilo, where we will check if the camera has no damage during the shipping, and align the camera again if needed. After that, we will ship the camera to Subaru telescope at the summit of Mt. Mauna Kea, and carry out the final integration and tests in the dome.


Metrology Camera ready to ship

We hope Metrology Camera will arrive at Subaru safely.
一路平安! (Have a nice trip!)


PFS観測装置のひとつであるメトロロジカメラがついにハワイに向け台湾から輸送されました!

メトロロジカメラはファイバーを観測したい天体に向けて配置するときに、ファイバーの位置を測定するために使用する装置です。メトロロジカメラは台湾の中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)が開発しており、この2、3ヶ月の間は輸送前の性能評価試験を行っていました(詳しくは過去の記事をご覧ください)。


メトロロジカメラを開発しているASIAAのチーム

先月試験が終わり、2018年4月3日にASIAA、プロジェクトオフィス、ハワイ観測所で輸送審査会議を開催しました。審査を無事に通過したため、4月13日にメトロロジカメラがすばる望遠鏡に向けてASIAAを出発しました。来週にはハワイ島ヒロにある山麓施設に到着し、輸送による損傷がないかを確認した後、必要に応じて光学再調整を行います。その後、マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡へ輸送され、望遠鏡のドーム内で最終的な統合・試験などを行っていく予定です。


輸送されるメトロロジカメラ

無事にハワイに到着するとよいですね。
一路平安!(良い旅を!)


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *