The first things installed at the Subaru telescope is … / すばるに設置された一番乗りは…


The subsystems of the PFS instrument are being developed at various institutes. These subsystems will be delivered to the Subaru telescope in Hawaii from what will be finished integration and test at the laboratory. It is already one year before the first subsystem will be delivered to the Subaru telescope, and start its integration and test there.

To operate the subsystems integrated, safely and stably, we have the system to control the entire instrument by coordinating the individual control systems for each sub-instrument. Besides, we have infrastructures shared among all control systems, such as storage, logger, backup basement, and virtual machine clusters. The infrastructure is prepared by Kavli IPMU, and it passed the review meeting with the Subaru telescope last March.

From late September to early October, the PFS storage and computers were shipped to the Subaru telescope, where they were installed, and the initial configurations were established.


(PFS storage and computers delivered to the Subaru telescope)

In the future, envisioning the arrival of the subsystems at Subaru next year, we’ll continue to establish the control infrastructure, and develop the control system to operate the instrument cooperating with the Subaru control system. In addition, the infrastructure will be used for testing the control devices of the Spectrograph Clean Room.


(Dr. Atsushi Shimono (Kavli IPMU), installing the computers.)


PFSの観測装置のサブシステムは別々の場所で開発されています。組み上げ・試験が完了したものから国立天文台ハワイ観測所に輸送される予定で、早いものでは2018年に輸送され、すばる望遠鏡での試験が始まることになっています。

これらのサブシステムを統合された状態で安定して動かすために、PFSでは各サブシステムを制御するシステムを統合して、装置全体を動かすシステムを設けています。また、制御システム全体が共用して利用するストレージ・ログ・バックアップ基盤や仮想実行環境クラスタなどを設けることにしています。これらの共用インフラはカブリIPMUが準備を進めており、今年3月にハワイ観測所の協議を終えました

2017年9月下旬から10月頭にかけて、カブリIPMUよりこのストレージや計算機をすばる望遠鏡へ輸送し、共用インフラを動かすためにハードウェアの設置・初期設定を行いました。


(すばる望遠鏡に届けられたPFS用ストレージや計算機)

今後は、来年からすばる望遠鏡に輸送されてくる観測装置を制御する為に、引き続き共用インフラの構築を進め、すばる望遠鏡の既存システムと協調して運用するための環境を作り・試験を進める予定です。また、現在進行中の分光器設置室の制御試験などにも活用されていくことになっています。


(計算機などの設置作業をしている下農淳司 博士(カブリIPMU))


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *